よくなるTOP >  股関節症改善  >  股関節症は安静にしているのが本当に一番なのか?

股関節症は安静にしているのが本当に一番なのか?


股関節症は安静にしているのが
一番の治療方法!?


「股関節症は安静にしているのが一番です。」
さらに、「ほうっておけば治る」ようなことも言われたりしますが、


これは、よくある勘違いなので、
信じないようにしてください。


基本的に、股関節症は股関節周りの筋肉とか、
その辺りの物質や構造と密接に関係があるものです。


つまり、股関節症とは股関節部分にだけ
原因があるわけではないのです。


ですので、股関節周だけではない、それ以外もケアをして
太ももの付け根を正常に整えていく必要があります。


そもそも股関節症になるような人に対して、
「安静にしておけば・・・」というのもおかしな話です。


安静にしておくこと。これがどれほど辛いことか・・・
どれほどがっかりすることか・・・


そこで、この"太ももの付け根"の激しい痛みを和らげる、
じっと安静にしなくても済む、正しいトレーニング方法をご紹介します。


もちろん無理は禁物ですので、
最低毎日10分間。じっくりと取り組まれてください。


1日10分でできる太ももの付け根"の激しい痛みを和らげるトレーニング方法




,,

.
このページの先頭へ